妊娠中の方へ

妊娠中の方が虫歯や歯周病に気をつけなければいけない理由

妊婦妊娠中はホルモンバランスが変化するため、口腔内の汚れを洗い落してくれる唾液の分泌量が減少し、虫歯や歯周病にかかりやすくなるとされています。また、唾液の分泌量の減少だけでなく、つわりにより嘔吐反応が強くなってしまうため、歯磨きなどのケアが行いにくくなることも関係しています。
妊婦様が虫歯や歯周病にかかってしまうと、生まれてくるお子様にそれらの菌が感染し、虫歯・歯周病にかかりやすい子にしてしまう場合があります。また、歯周病は喫煙や飲酒と同様に早産・流産のリスクを高めると言われており、そのリスクは喫煙・飲酒の約5倍であるとされています。
このように、妊娠中の虫歯・歯周病には、安全な出産や、生まれてくるお子様の歯の健康を蝕むリスクが潜んでいます。だからこそ、それらの病気にかかりやすい妊娠中には、これまで以上に病気予防に努める必要があるのです。

妊娠がわかった時は、できるだけお早目に受診してください

「妊娠中は歯科治療が受けられない」と思われている方も多いようですが、そんなことはありません。麻酔を使用しない治療であれば、妊娠初期の段階でも基本的なものはほとんど受けて頂くことができます。ただし、あまりお腹が大きくなってから受診されようとすると、通院するだけでもお体のご負担となる場合がありますので、妊娠がわかった時が受診のタイミングと考えて、できるだけお早目に当院にお越しください。

妊娠中の治療

妊娠初期(1~4ヶ月目)

麻酔を使用する治療以外であれば、基本的なものはほとんど受けて頂くことが可能です。この時期から歯の健康維持に努められて、安全に出産を迎えられるようにしてください。

妊娠中期(5~8ヶ月目)

安定期に入り、最も治療を受けるのに適した時期です。麻酔が必要な治療も、この時期であれば受けて頂くことが可能です。

妊娠後期(9ヶ月目~)

妊婦様の状態によっては、通院したり、チェアに座って治療を受けたりするだけでも負担となる場合がありますので、できるだけこの時期までに治療を済ませておくようにしてください。

妊活前に親知らずを抜いておく

現在、妊活に励まれている方につきましては、できるだけ妊娠前に親知らずを抜歯しておくことをおすすめします。もし、妊娠がわかってから親知らずが痛み始めても、患者様のお体の状態によっては、抜歯が難しい場合もあります。また、抜歯に際して麻酔を使用しなければいけない場合もありますので、お子様をご懐妊され、安全に出産されたいとお考えであれば、事前の親知らずの抜歯を検討するようにしてください。

妊娠中の患者様への配慮

当院は入口から診療室までバリアフリー

バリアフリー当院は入口から診療室まで、バリアフリーとなっております。そのため、院内にお入りになる時に靴を脱ぐ、段差をまたぐ時に足を上げるなど、お体の負担となる動作をして頂く必要はありません。もし、院内を移動する際に介助が必要な場合は、お気軽にスタッフまでお申し出ください。

できる限りストレスが少ない状態で治療を行います

妊婦様によっては、チェアを倒し過ぎると苦しいとお感じになる方もいらっしゃいます。こうしたことがないように、チェアの角度などの細かな点にも配慮して、できる限りストレスが少ない状態で治療を受けて頂けるように心がけています。

一番上に戻る
TEL:072-493-8001お問い合わせ