中高年の方へ

中高年の方の多くが歯周病で歯を失っています

歯周病歯周病は歯周病菌によって起こる感染症ですが、症状が進行すると歯茎が腫れたり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラと動くようになったりするほか、最終的には歯を失うことにも繋がる恐ろしい病気です。
中高年の方の多くが、この歯周病が原因で歯を失っています。また、日本の成人の80%が何らかの形で歯周病にかかっているとされており、現在、歯を失う一番の原因とされています。歯周病は「サイレントキラー」とも呼ばれ、初期にはほとんど自覚症状がなく、気がついた時にはすでに進行した後だったということが少なくない病気です。
歯周病から歯を守るためには、3ヶ月に1回程度の定期メンテナンスを受けられて、早期発見・早期治療をはかることが大切です。初期の歯周病であれば適切なプラークコントロールにより症状を抑制・改善させることが可能です。大切な歯を守り、いくつになってもご自分の歯でものを噛み続けるためにも、是非、岸和田のくすべ歯科へ定期メンテナンスにお越しになり歯周病を予防するようにしてください。

こんな症状にご注意ください

歯周病の可能性があります

  • 歯と歯の間に食べかすがよく詰まる
  • 硬いものを噛んだ時や、ブラッシング時に歯茎から血が出る
  • 歯茎の赤みが濃く、指で押すとブヨブヨしている
  • 硬いものがしっかり噛めない
  • 歯の付け根が見えている
  • 冷たいものや、甘いものがしみる

歯周病が進行している可能性があります

  • 歯がグラグラと動く
  • 歯が長くなった気がする(歯茎が下がった)
  • 歯と歯の間の隙間が広がった
  • 歯茎から膿が出る
  • 噛み合わせがおかしくなった
  • きちんと歯を磨いても口臭がする

歯周病予防の基本は毎日のブラッシングです

歯ブラシ歯周病予防の基本は、毎日のブラッシングによるプラークコントロールですが、「磨いている」のと「磨けている」のとでは大きな差があります。ご自分のお口や歯に合った磨き方や、歯ブラシを使って適切にブラッシングして初めて、歯垢(プラーク)などの汚れを取り除くことができるようになります。
ただし、「毎日きちんとブラッシングしている」からといって安心は禁物です。ご自宅でのブラッシングだけでは案外磨き残しが多いものですので、当院へ定期的にお越しになり、定期メンテナンスも受けられるようにしてください。
「ご自宅でのケア(セルフケア)」+「歯科医院でのケア(プロフェッショナルケア)」を両立させて初めて、効果的な歯周病予防が実現します。

デンタルフロス・歯間ブラシによるクリーニングも大切です

歯間ブラシ歯ブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間までは毛先が届かないため、歯垢(プラーク)などの汚れをきれいに取り除くことはできません。なので、ブラッシング後はデンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具も使って、歯の付け根や歯間の汚れなどもしっかり除去するようにしましょう。

一番上に戻る
TEL:072-493-8001お問い合わせ